午前1時ごろ

深夜の考えごとや日々なんとなく思ったこと、好きなこととか。

好きすぎると近寄れなくなる

20年以上も生きてきて今更だけどやっと気づけたこと。

 

人間、心の底から好きだったり大事すぎるとその対象と一定の距離をおきたくなるものだなと。

何なんだろうねこれ。自分の中で神聖化しすぎてそれを汚したくなかったり、劣等感が強まっていくが故の行動なのでしょうか。

 

今までは割りかし好きになったらそれはもう「好きー!!!」って全面に出してしまう確率が高かったんだけど、社会人になって多少落ち着きを手に入れたのか、自分勝手ではなくなったのか、相手を思いやる余裕ができたのか、ようやく分別をつけられるようになったのか。

 

これは愛って呼べる感情なのかな。

 

別にこういうの、いわゆる特別な人にだけ起きるってわけじゃないんですよ。それが余計に不思議でいま自分で自分の気持ちが何なのか、どこに向かっていくのか全く予想がつかないし分からない。

結婚とか制度的なものは正直まだ「したい」っていう気持ちも、すべきかどうかなんてのも分からない。いろんな形があっていいのに周りの影響でなんとなく、って私にとっては最悪な流れだと思っていたり。

 

そういうことも今後ふとした瞬間に「気づく」ものなのかも。

その時がタイミングなのかも。

 

魅力的な人と出会うたびに刺激を受けられて楽しい反面、ちょっと不安。

私に制御できない感情が湧き出てくるのが怖い。だからあえてセーブしようとするのかな。

 

っていう心の中のごちゃごちゃ。