午前1時ごろ

深夜の考えごとや日々なんとなく思ったこと、好きなこととか。

文化は個人単位の積み重ね

1:11

1kando.com

最近ツイッターで見たこの内容。

すごく共感できるしどこかで知ったことあったなーと思い出したのが まなつさんの記事↓と、恐らくわが家で昔から馴染み深い価値観だったということ。 

www.dokodeneru.com

日本人に特に多いと思うんだけど、未知のものを拒んだり自分たちの安心する形に押し込めようとする風潮、小さい頃からいつまで経っても違和感と不快感を覚えます。

他者に自分の理想や責任を押し付けすぎと思う。日本語特有の「甘え」という表現や意識はその典型。子供の喧嘩や言い訳みたいでいい大人が偉ぶって誇示してくるのが心底気持ち悪い、それを正面から浴びせられた時のコレジャナイ感は異常。

例えば犬が人間にわかる言葉を発せなくても「それが犬ってものだ」と何の障壁もなくすんなり受け入れられるように、もっと対人や対事象でも単純に素直に捉えるというか、まずは一旦受け止めてみるという気にはならんもんか。ついとってしまうその態度、傲慢になってないか、一瞬気にしてみるのって些細だけど大事じゃないかと。

 

私が生まれる前だけど、両親がヨーロッパで生活していたことはやっぱりすごく今の自分の人格形成に影響してると思います。 なんかもう本当に下手にねじ曲げず寛容に育ててくれて感謝しかない。

 

 

誰しも自分の当たり前を疑わずに生きてる。もちろん私も。だから何ってわけでもないけど、いい意味で自分を疑いながら生きると新しい世界を見られる可能性が高まるから楽しいよ。っていう持論。

いくら島国で太古から続いてる文化?お国柄?だとしても、もういい加減に意思決定の根拠を集団や他者から個人(自分自身)に課していくべき時代だと思いますけどね。まだまだ、精神的鎖国はつづく。ペリーを待ってはいられないよ。