午前1時ごろ

深夜の考えごとや日々なんとなく思ったこと、好きなこととか。

彼岸過ぎて

f:id:maquis_qhc3:20170928002321j:image

まだうっすら明るいうちから、涼しい風にあたりつつ外で飲むお酒が美味しい気候になってきましたね。秋、大好き。

写真は琥珀色してるけど白ワイン。グラデーションが綺麗でしょ。イタリアの、あれ、銘柄は忘れました。すごくしっかりしてるけどスッキリで美味しかった。

 

f:id:maquis_qhc3:20170928002639j:image

家でちょこっとつまみを拵えて燗酒を楽しむのも良き。出汁を多めにつくるとほぼスープかってくらいふわふわになるのでオススメです。固めすぎず上手く巻くのがやや難しい。もう少し寒くなってきたら煮込みとか鍋でもしようかね。

 

些細な工夫で晩酌が捗って大変しあわせです。生きてる心地しかしない時間。理論も大事だけど、やっぱりこういう命に響く行いは何物にも代え難いよね。美味しいものをきちんと美味しく感じられる生活を長く続けたい、それだけあれば人生はものすごく素晴らしいはず。ジャンルは違えど人間のしあわせなんて結局のところその程度でいいって本当思うよ。

心地よい好意とそうじゃないやつ

好意的に接してもらえるのって基本悪いことじゃないはず。お互いに気分がいいし、周りの空気を乱すこともないし、何より相手がオープンになってくれてるから、自分にとってすごく居心地がいい場合が多い。

でも感じる人からは感じるんです、なんか、得体の知れない、好意と見せかけて実は純粋じゃない何か…みたいな。

 

こういうの自意識過剰って言われるんだろうけど、なんとなくでも察知するのって本能的に備わったものだから必要と思うのよ。そうしようと思ってなくても勝手に自分の中のアンテナが反応してしまう。本当はつかれるし鈍くなれたら楽だろうなって割と頻繁に考えるんですけど。

 

何が言いたいかは特にまとまってない。

ただ最近そういう体験が重なってたからなんだろうなぁともやもやしてた次第です。

文化は個人単位の積み重ね

1:11

1kando.com

最近ツイッターで見たこの内容。

すごく共感できるしどこかで知ったことあったなーと思い出したのが まなつさんの記事↓と、恐らくわが家で昔から馴染み深い価値観だったということ。 

www.dokodeneru.com

日本人に特に多いと思うんだけど、未知のものを拒んだり自分たちの安心する形に押し込めようとする風潮、小さい頃からいつまで経っても違和感と不快感を覚えます。

他者に自分の理想や責任を押し付けすぎと思う。日本語特有の「甘え」という表現や意識はその典型。子供の喧嘩や言い訳みたいでいい大人が偉ぶって誇示してくるのが心底気持ち悪い、それを正面から浴びせられた時のコレジャナイ感は異常。

例えば犬が人間にわかる言葉を発せなくても「それが犬ってものだ」と何の障壁もなくすんなり受け入れられるように、もっと対人や対事象でも単純に素直に捉えるというか、まずは一旦受け止めてみるという気にはならんもんか。ついとってしまうその態度、傲慢になってないか、一瞬気にしてみるのって些細だけど大事じゃないかと。

 

私が生まれる前だけど、両親がヨーロッパで生活していたことはやっぱりすごく今の自分の人格形成に影響してると思います。 なんかもう本当に下手にねじ曲げず寛容に育ててくれて感謝しかない。

 

 

誰しも自分の当たり前を疑わずに生きてる。もちろん私も。だから何ってわけでもないけど、いい意味で自分を疑いながら生きると新しい世界を見られる可能性が高まるから楽しいよ。っていう持論。

いくら島国で太古から続いてる文化?お国柄?だとしても、もういい加減に意思決定の根拠を集団や他者から個人(自分自身)に課していくべき時代だと思いますけどね。まだまだ、精神的鎖国はつづく。ペリーを待ってはいられないよ。

やばい

14:00

更新しよう更新しよう、と思ってたら9月ももうあと3分の1じゃないですか。

 

やばいね。人の記事ばっか読んで満足してたよ。書けよ。

一人暮らしの部屋って幸せすぎて引きこもりが捗るからあんまりたくさんの人と話してなくてネタ探しや表現することをさぼってました。

 

もっと、ちゃんとしよう。自分で決めたことだし。うん。

当たり前と言う人は多いけど

15:05

「ありがとう」をいつも心から伝えてくれる人は人望がある。

 

この5文字をあんまり発しない人に限って自信過剰で、自分のことは棚にあげて上から目線で他人を厳しくジャッジしたり、相手への理解を怠って自分の価値観を押し付けてくる傾向が強い気がする。

あと実態を確認してもいないのに勝手な思い込みで話を進める。

 

確信を持てていないことにはあまり口を挟みすぎないのが大事ですよね。

 

知らなくていいこともある、とある意味開き直ってしまうのが上手な人間関係構築のコツかなぁと近ごろずっと思ってる。もちろんぶつかって気づくこともたくさんある。自分の知らない部分をたくさん教えてもらうことができる。面白くて、めんどくさくて、楽しくて、不思議で、一生飽きなんて来ない。これだから人間は嫌いで、大好きだ。

注意を受けてから納得できるまでの時差

18:54

ちょっと暗い話。

誰しも一度は他人との価値観の違いやズレを感じたことがあると思います。もちろん私も。というか社会人になって昔よりその感覚が大きくなったなと、最近すこし悩んでる。

 

先日、ある人からしたら非常識な行動を私がとってしまったらしいです。

それは私が尊敬する人なのですが、自分ではそんなに深刻に捉えていなかった行いを割と真面目に指摘されて、自覚がなかった分ショックを受けました。

言われてすぐ「あ、やってしまった。これはいけないことだった。」と頭では理解できて反省するんです。でも何かが自分の中でひっかかるというか、腑に落ちないままもやもやっとしてて、これ何なんだろなーと。その指摘内容は至極正論で、なにも間違ってなかった、のに。

 

悶々とひとりで考え出した答えは、たぶんきっと自分が望むような反応が返ってこなかったことに拗ねて心のどこかで不機嫌になってたんだな、ということです。理想のかたちを勝手に相手に求めて、その通りにいかないことに少なからず腹を立ててた。我ながらなんて子供っぽいことか…(と、今は冷静に思える。)

 

だけどその結果に納得できるまで、ああだこうだ、いや違う、やっぱりこうかもって自分の中に分身した何人かの自分たちを登場させて、散々ディベート。ここにかかる時間がなかなか短くできない。うまく頭を切り替えて柔軟な対応をしたいのに、現実ではそんなに簡単にいかなくてそのギャップにいつも歯がゆい気持ちになります。その他にも、悔しいとか情けないとか、申し訳ない気持ちとか自己嫌悪みたいな黒い塊も湧いてきたり、もうごちゃごちゃで処理しきれなくなって泣いたりしちゃう。スペック欲しいなー。外付けHDDみたいなの頭のどっかに組み込めたら楽なのになー。

みんなどうやってストンと落とし込んでるのか不思議。誰かコツ教えてほしい。

 

ところでこの納得できるまでの時差ってさ、注意される内容とそれを言ってくる人とその内容や人への自分の捉え方・接し方で全然変わってくると思うんですよね。どうでもいいことをどうでもいい人から指摘されたって「ふーん、シラネ」で終われる。でも少し大げさな場合、今後自分の人生に関わるようなことを大事な人から言われた時ってめちゃくちゃ頭抱えそう。まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだけど。笑

なんかそれだけその問題やその人と真剣に向き合いたいって気持ちの表れなのかな。そう考えると前向きかも。

 

だらだら長くなったけどこういうことってあんまり気軽に相談しづらいからここにぶちまけてみた。そのうち見返して「うわー何こいつめんどくさ」って笑えたらいいかな。

「打杭主義」の捉え方

15:06

 

昨夜なんとなく考えてた、昔から日本人の特性を色濃く表している「出る杭は打たれる」というスローガン。遡るとその起源は農村の集団生活で稲作が日常的だった頃から続いているらしい。空気を読まない人や多数派に逆らった人に対してこのスローガンが掲げられ、バッシングを受ける風潮。

 

 そもそも誰もが自分と違って当たり前なのに表面的な部分だけで「出る杭」と見なすのは浅はかで、もったいない。というか「出る杭」本体は、周りから何らかの反応がない限り自分が出てることを自覚するのって不可能じゃなかろうか。打たれる理由を理解するのもきっと難しい。理解する必要すらないと思うんだけど…それって大体が本質ではない理不尽な内容をぶつけられてることが多いから。外的な何かに歪められてまっすぐ立っていられなくなる状態ってお世辞にも健康とは言えないよね。打たれるなんて以ての外でしょ。ほっとけ。

それでも「打杭主義者」は依然減ってないような気がするんだけど、なんでだろうなーと思ってました。

 

ほっとけばいいところには無駄に干渉して、手を貸してほしいところは関わりたくないからって見て見ぬフリする。どんなプレイ?なんか急に日本人ド変態な気がしてきた。たのしい。

 

でもね、この風潮についていろんな記事読んでみたんだけど、これでもかってくらいポジティブになれる一言があって元気をもらえたの。

 

「出る杭は打たれ強くなりやすい」

 

目からウロコ、でした。うん、確かにそれだけは言えるかもしれない。

人と違うことは何も悪いことじゃない。もっとグイグイ出てたくさん打たれて、結果 逞しくなっていけるならそれが1番いいような気がした。周りに同調して杭打つ人ほど臆病者で僻み屋さんなのよ。

自分の芯を折らずに過ごすのに注力したほうがよっぽど有意義だ。そう思える人がもっと増えていくと世の中面白くなりそう。凸凹でいいじゃん、男女だってそうなんだし。なんか真理にたどり着いた。

でっこぼっこふれーんず♪