午前1時ごろ

深夜の考えごとや日々なんとなく思ったこと、好きなこととか。

注意を受けてから納得できるまでの時差

18:54

ちょっと暗い話。

誰しも一度は他人との価値観の違いやズレを感じたことがあると思います。もちろん私も。というか社会人になって昔よりその感覚が大きくなったなと、最近すこし悩んでる。

 

先日、ある人からしたら非常識な行動を私がとってしまったらしいです。

それは私が尊敬する人なのですが、自分ではそんなに深刻に捉えていなかった行いを割と真面目に指摘されて、自覚がなかった分ショックを受けました。

言われてすぐ「あ、やってしまった。これはいけないことだった。」と頭では理解できて反省するんです。でも何かが自分の中でひっかかるというか、腑に落ちないままもやもやっとしてて、これ何なんだろなーと。その指摘内容は至極正論で、なにも間違ってなかった、のに。

 

悶々とひとりで考え出した答えは、たぶんきっと自分が望むような反応が返ってこなかったことに拗ねて心のどこかで不機嫌になってたんだな、ということです。理想のかたちを勝手に相手に求めて、その通りにいかないことに少なからず腹を立ててた。我ながらなんて子供っぽいことか…(と、今は冷静に思える。)

 

だけどその結果に納得できるまで、ああだこうだ、いや違う、やっぱりこうかもって自分の中に分身した何人かの自分たちを登場させて、散々ディベート。ここにかかる時間がなかなか短くできない。うまく頭を切り替えて柔軟な対応をしたいのに、現実ではそんなに簡単にいかなくてそのギャップにいつも歯がゆい気持ちになります。その他にも、悔しいとか情けないとか、申し訳ない気持ちとか自己嫌悪みたいな黒い塊も湧いてきたり、もうごちゃごちゃで処理しきれなくなって泣いたりしちゃう。スペック欲しいなー。外付けHDDみたいなの頭のどっかに組み込めたら楽なのになー。

みんなどうやってストンと落とし込んでるのか不思議。誰かコツ教えてほしい。

 

ところでこの納得できるまでの時差ってさ、注意される内容とそれを言ってくる人とその内容や人への自分の捉え方・接し方で全然変わってくると思うんですよね。どうでもいいことをどうでもいい人から指摘されたって「ふーん、シラネ」で終われる。でも少し大げさな場合、今後自分の人生に関わるようなことを大事な人から言われた時ってめちゃくちゃ頭抱えそう。まぁ当たり前っちゃ当たり前なんだけど。笑

なんかそれだけその問題やその人と真剣に向き合いたいって気持ちの表れなのかな。そう考えると前向きかも。

 

だらだら長くなったけどこういうことってあんまり気軽に相談しづらいからここにぶちまけてみた。そのうち見返して「うわー何こいつめんどくさ」って笑えたらいいかな。

「打杭主義」の捉え方

15:06

 

昨夜なんとなく考えてた、昔から日本人の特性を色濃く表している「出る杭は打たれる」というスローガン。遡るとその起源は農村の集団生活で稲作が日常的だった頃から続いているらしい。空気を読まない人や多数派に逆らった人に対してこのスローガンが掲げられ、バッシングを受ける風潮。

 

 そもそも誰もが自分と違って当たり前なのに表面的な部分だけで「出る杭」と見なすのは浅はかで、もったいない。というか「出る杭」本体は、周りから何らかの反応がない限り自分が出てることを自覚するのって不可能じゃなかろうか。打たれる理由を理解するのもきっと難しい。理解する必要すらないと思うんだけど…それって大体が本質ではない理不尽な内容をぶつけられてることが多いから。外的な何かに歪められてまっすぐ立っていられなくなる状態ってお世辞にも健康とは言えないよね。打たれるなんて以ての外でしょ。ほっとけ。

それでも「打杭主義者」は依然減ってないような気がするんだけど、なんでだろうなーと思ってました。

 

ほっとけばいいところには無駄に干渉して、手を貸してほしいところは関わりたくないからって見て見ぬフリする。どんなプレイ?なんか急に日本人ド変態な気がしてきた。たのしい。

 

でもね、この風潮についていろんな記事読んでみたんだけど、これでもかってくらいポジティブになれる一言があって元気をもらえたの。

 

「出る杭は打たれ強くなりやすい」

 

目からウロコ、でした。うん、確かにそれだけは言えるかもしれない。

人と違うことは何も悪いことじゃない。もっとグイグイ出てたくさん打たれて、結果 逞しくなっていけるならそれが1番いいような気がした。周りに同調して杭打つ人ほど臆病者で僻み屋さんなのよ。

自分の芯を折らずに過ごすのに注力したほうがよっぽど有意義だ。そう思える人がもっと増えていくと世の中面白くなりそう。凸凹でいいじゃん、男女だってそうなんだし。なんか真理にたどり着いた。

でっこぼっこふれーんず♪

未知の感覚

17:05

こんにちは。この時間、絶妙な気だるさで眠気MAXになりませんか。

糖分とブラックコーヒーでなんとかあと数時間まぶた持ち上げ耐久トレーニングがんばります。眼筋引き締まってバキバキ二重にならないかな。

 

 

標題の件です。先日、幼馴染から聞いてびっくりしたこと。

 

身近な同年代男子(20代前半)で未だに単独行動できない人がいるらしい。ちょっとどこかに行くにも、ふらっと居酒屋で飲むにも、誰かといっしょに過ごしたがる。

いちばん衝撃を受けたのが、とあるレストランのサラダバーにすら「さみしいから」ついて来て欲しがるってやつ。

 

いやいやいやいやいやいや。

話聞くと、いくら実家暮らしで常に誰かがそばにいる環境だからってさすがにそれは無くないか。もういい歳した成人かつ社会人がそんな、ねぇ?

てかサラダバーって。自分の好きなタイミングで好きなもん好きなだけ取ってくりゃいいやん…まったくもって意味がわからない、その感覚。今までどうやって生きてきたんだ。これからどうやって生きていくんだ。

 

ぶっちゃけその人の人生に数ミリも興味ないけど、ここまでいくとその自立心の無さだけはドン引きから1周まわって、もはや「コントか!」と感じてしまう。

 

私はもう真逆の行動ばっかりというか、たぶん(結構)こじらせてる独り身なので映画でも居酒屋でも国内外問わず旅行でもホイホイひとりで自由に行けるんだけど、すすんで複数で動きたがる人の気持ちって分かりません。

もちろん、友達と過ごしたくないって言ってるわけじゃないです。友達だいすき。どんどん呑みも遊びも誘って。

でもさーひとりのほうが誰にも合わせなくていいし楽じゃない?という気持ちの方が圧倒的に強いわけで。誰かの時間を自分のために使ってもらうって、大人になると余計に感じるけど、すごく貴重なことでしょ。

だからね、もう子供じゃないんだし、自分の都合だけでそんな簡単に人の時間うばっちゃいけないと思うんですよね。まぁ相手との関係性とか色々あるから一概には言えないかもしれないけど。学校みたいな集団生活の場を出てしまったら、誰かが行動を共にしてくれるって絶対に当たり前のことじゃなくなるから。たまに若干の申し訳なさを感じることもあるけど、でも一緒に過ごしてくれる時間はできるだけお互い良いものにしたいなって努力しあう姿勢が何より大切なんじゃないかと。考えすぎ?

あんまりひとりに慣れすぎるとマイナス面も出てきますけどね。

 

私に理解できない価値観なんて大量にあるしその違いがとっても楽しいからむしろ良いんだけど、基本的にはいつどんな時でも自立して行動できる人間にはなっときたいな、と個人的には思ってます。

 

人はちがうから面白いよね。わははー。

 

そばかす、育つな

23:30

 

こんばんは。7月ですね。

急に暑さ本気出しすぎなんですけど?すべてのやる気を奪い去るのやめてもらっていいかな…

 

どんなに頑張って化粧やヘアアレンジでお洒落しても、尋常じゃないレベルで流れる私の汗とやり合ったら勝ち目なんてないんですよキミたち。瞬殺だよ。だから夏は諦めて専ら日焼け止めオンリーな怠け者になっちまいます。

この先ずっと炎天下の中でもサラッとしてて汗をかかないおなごに憧れ続けて死んでいくんだろうな、と思うと、もはや少し爽やかな気持ちになります。自給自足は厳しいのでそういう方々から涼を得るしかないです。そこらじゅうが避暑地。南無。

 

 

最近日が伸びて夕方でも結構太陽光が強いですね。

もうすぐ夜だしと思って油断してノー日焼け止めでいくと大概 顔・腕やられます。わかってるけど…また増えたよ、そばかす。翌朝おちこむ負のスパイラル。

 

前まではすぐ薄くなって気にならなかったのに、肌の循環スピードが弱まってしまったのか、この頃気づいたらほくろレベルで居座ってることが多く、ちーん。

 

育ってほしいところ、削りたいところは頑固に変わらないのに、余計なものばかりまとわりついてくる歳になったか。鬱陶しいな。

でも目標のモデルさんを毎日インスタで見ながら必死に自分を奮い立たせてます。美しさは一日にして成らず。お酒好きだけど、飲んだら次の日はカロリー調整・より動くことを心がけるようにしました。メリハリってやつ。

 

だらしないと自分のことも周りのことも嫌になっちゃいそうだから、気をつけていかないとなーと思います。もう怠けたらその分老化の一途をたどるだけなので、自己管理、やる、ゼッタイ。

 

ぐんない。

 

 

ウィンウィン

15:59

こんにちは。

綺麗さっぱりブログの存在を忘れてました。

梅雨入りしたはずの6月ももう半ば過ぎ。いつもはビニール傘をはしごしてるけど、今回は盗られないようにと新調した真っ赤な傘、未だに出番ナシ。

 

さて最近ハマってることは家事、特に掃除です。

この前お風呂のドアのサッシ?をブラシでちょこちょこ洗いました。これから湿気が増えてカビと戦うことになるのかと思うと萎える…。

 

 

でも、あんまきなら大丈夫!()

 

 

日頃のちょっとしたストレスを汚れに見立てて掃除をすると、とってもとーっても捗ります。

 

 

うっぷんは晴れるし家の中はきれいになるし良いことしかないです。

少しイラっとすることや嫌なアイツを「お前なんかうんこじゃー!!!」と思いながら力一杯磨いてやります。物理的にも精神的にも衛生的ッ☆

 

 

できる限り何事も起こさずウィンウィンに生きたいです。

 

みんな楽しく笑顔で過ごせる方がいいに決まってるやん。

 

 

 

おわり。

 

こう考えるとすごい幸せなんじゃないか

13:01

こんにちは。

今日は午後1時投稿。外あついですね。

 

 

人にはそれぞれ好きな芸能人とかアーティストとか、ぜんぜん身近な人でもいいんだけど、まぁ何かしら1つくらいはそういう人物やものがあると思うのね。

 

それで、こないだ家でぼーっとしてる時にふと気づきました。

 

 

「好き」な気持ちにレベルづけせず一括りに設定するとしたら、いつも当たり前のように、何気なーく接している友達や家族だって、実は芸能人レベルにキラキラしてる存在になり得るんじゃない…!?

 

私たち毎日大好きな芸能人と会ってることになるってすごくない?

え、それってもうときめく気持ち足りなくなって死にませんか?大丈夫?

 

 

よく「芸能人だって普通の人間だよ」みたいなこと聞くじゃないですか。

 

じゃあその逆もあってよくね?

 

 

うわっ、何それめっちゃ幸せ!!!!みんな好き!!!ハッピー!!!

 

っていうポンコツ思考。

 

 

お前が大丈夫か。

 

 

  

ああああああーっつい…

 

飲食店を自分ちかなんかと勘違いしている客は帰れば?

14:40

 

こんにちは。ライティング練習のためとか言って始めたブログですが既にダレてきた感がすごい…頑張ります、あんまきです。

 

書くのも読むのも疲れるのは良い文章じゃないよねって言い訳しときます。

 

 

タイトル、最近特に強く思ったことです。

ちょっと今までみたいな綺麗ごと並べるの疲れたんでそういうのはたまーに書くくらいにしといたほうが精神衛生 保てることに気づきました。

 

飲食店に限った話じゃないかもだけど、公共の場でTPOに沿ったマナーを守れない大人はめちゃくちゃかっこ悪い。

見てるこっちが恥ずかしくなるし、自分はきちんと弁えられる人間になろうとひしひし感じます。

 

 

「郷に入っては郷に従え」って古い言葉の通りですよ。

 

単純なハナシ、お店側と客側のコミュニケーションがうまく一致してない場合がほとんどなんだけど、それでも基本的にお店側は来る人を選べないですよね。

 

それを良いことにのっけからマウントしてくるような態度は本当に失礼だし腹が立ちます。

その行動、例えばもし友達とか自分が大切にしてる人の家に行ったとして同じことできますか?

 

「いや、だって別に友達じゃないしそもそもなんで知らない従業員に態度良くせないかんねん」みたいな考えもあるかもしれません。

 

が。

 

お店はあなたの家じゃないし従業員はあなたがどんな姿でも許してくれるような家族でもなんでもありません。

そこにはそこのルールがあります。

その考えはただのわがままな子供と同じです。いい歳したやつが甘えるな気持ち悪い。

 

自分ルールを変えたくない、押し付けたいなら周囲と一切関わらずひとりで生きてくださいっていう。まぁそんなこと絶対無理だからさっさと自分が間違ってることに気づいて態度を改めてください。

 

 

なんか多いよね、考えるのを諦めて自分都合に解釈してそのまま勘違いし続けてるダサい大人。

誰も注意してくれる人がいなくなっちゃうのは怖いことですね。ひゃー。

 

素直&柔軟な心構えで余裕のある人生を送りたいと思った初夏の昼下がり。

 

 

体言止め。